ご近所がみなエコキュートを導入してたのを知った日

最近、オール電化住宅が増えてきていますが、オール電化住宅とはガスなどをエネルギーとして使用せず、キッチン・浴槽・空調(冷暖房)などの生活の場面で、全て省エネの電気をエネルギーとして利用している住宅のことです。キッチンの場面での代表は、ガスコンロの代わりに使われる「IHクッキングヒーター」が挙げられます。「IHクッキングヒーター」は、火を使わないので、安全・安心に加え、手入れがしやすいことでも評判が高いようです。

太陽光発電 電気代

そして、もう1つオール電化住宅で象徴といわれるのが「エコキュート」です。「エコキュート」はオール電化住宅の増加と共に各家庭での導入台数が増えています。「エコキュート」は2001年に日本で初めて製品化され、その出荷台数も累計で2009年200万台、2011年300万台と年々普及拡大をたどり、2013年末にはその導入台数も400万台を超えたと言われています一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター)。

EPC-A-S55P / EPC-A-S55P-H 5.5kWパワーコンディショナ | 製品ラインアップ | EneTelus | 田淵電機株式会社 [TABUCHI ELECTRIC CO., LTD.]

一方「エコキュート」は、家庭で使用するエネルギーの約30%強を消費するといわれる給湯の部分の電気代を大幅に抑制することを可能にするとともに、二酸化炭素の削減に大きく寄与しています。このように「エコキュート」は 家庭にも優しく、地球温暖化対策に大きく貢献しているというこで多くの家庭で導入されてきています。

直流電圧/電流源 GS200 - 横河メータ&インスツルメンツ

ところで、「エコキュート」に関する購入調査結果よると、「エコキュート」購入の際の決め手になって点としては、「光熱費の安さ」、「安全性」、「環境に良い」などが挙げられています。また、購入後の満足度は9割強と非常に満足度の高い結果が示されています(いずれも日本冷凍空調工業会調査)。